持ち込み買取サービスのメリット・デメリット

使わなくなったDVDを売る場合、DVD買取専門店で買取ってもらえます。
この場合、「持ち込み」、「宅配買取」、「出張買取」も方法があります。
ここではこのうち、持ち込み買取サービスのメリットデメリットを紹介します。

持ち込み買取サービスのメリット

最初にメリットから見てみましょう。
持ち込み買取というはその名前子の通り、売りたい製品を自分で店頭に持ち込んで買取ってもらう方法になります。
メリットとしては、まず、査定額の面があります。
店頭持ち込みの場合、その場で正式な査定額が分かりますので、買取を急いでいる方は便利です。
また、査定額がすぐに分かりますので、その後の手続きも早くでき、お店によってはその場で現金を受け取ることも可能です。
さらに、お店のスタッフと価格の交渉ができるの、も持ち込み形式の特権だと言ってもいいでしょう。
製品によっては価格交渉によって、査定額がアップする可能性もあります。
ですので、少しでも高く売りたい方は、店頭に持ち込んで交渉してみてはいかがでしょうか。

持ち込み買取サービスのデメリット

次にデメリットを見てみましょう。
デメリットとしては、まず移動の件があります。
宅配買取や出張買取サービスとは異なり、こちらはお店までDVDを持って行く必要があります。
そのため製品の数が多いと、持ち運びが大変かもしれません。
また、買取不可の商品はそのまま持ち帰らなくてはなりません。
その他にも、査定までの待ち時間が長い、他店との価格を比較しにくいなどの点もデメリットと言えます。

メリットデメリットを考慮しましょう

買取の方法も様々ですが、ここでは持ち込みサービスの、メリットデメリットを紹介しました。
他の方法と比べ、良い点、悪い点様々ですので、それらすべてを考慮して選択してください。

関連する記事